指導内容


スポーツジムのようなパーソナル・トレーニング方式で「学ぶ力」を鍛えます。

完全マンツーマン、オーダーメイドの個人指導

対象   全学年対応

小学生、中学生、高校生、高卒生


開講科目 全科目サポート

小学生

英語、算数、国語、理科、社会


中学生

英語、数学、国語、理科、社会


高校生・高卒生

英語、数学、国語(現代文、古文、漢文)、理科(物理、化学、生物)、社会(地理、日本史、世界史)


※個人指導の授業科目は、原則として上記から1科目を選んでいただきます。

※授業科目以外も、ご希望に応じて、自習時間を利用して全科目指導していきます。

※講師の手配の都合などにより、開講日時が限定されることがあります。あらかじめご了承ください。

※個人指導の授業で使用する教材は、ご希望や目標などをお聞きした上で、おすすめの参考書・問題集、あるいは、学校の教材や塾専用の教材などの中から選定することになります。(科目別勉強法&おすすめの参考書・問題集はこちらから参照してください。)


プレミアコース、スタンダードコース(コースの詳細はこちら

1. 学校の補習・宿題・定期試験対策 

一日の大半を過ごす学校での勉強はとても重要です。日々の学習や定期試験対策をしていくことが、そのまま入試対策につながっていきます。最近は学校の教材も優れたものが採用されていますので、学校の教材を完璧にするだけでも、かなりの学習効果見込めます。

 

2. 漢検や英検などの検定試験 

検定試験は出題範囲とレベルが決まっていますので、まず、過去問に取り組んでみて、自分の弱点を見極めた後、弱点補強対策を繰り返すことにより、合格レベルに到達することができます。漢検・英検のほか、数学検定(算数検定)や歴史検定などもおすすめです。

 

3. 不得意科目の弱点補強 

オメガのロードマップ(学習指針)に従って弱点を補強していきます。学校の教材なども適宜組み合わせます。

 

4. 得意科目の先取り学習 

オメガのロードマップ(学習指針)に従って学年にこだわらず先取り学習をしていきます。たとえば、中学在学中でも、高校の英語や数学など勉強が可能です。検定試験などとも組み合わせると一層効果的です。

 

5. 入試対策 

受験を控えている方には、過去問などを使った入試対策を指導します。


ベーシックコースα(コースの詳細はこちら

目標と学習スケジュールについて講師と話した後は、基本的には自由に自習していただいて結構です。分からないところは質問できます。勉強方法や、使うべき参考書・問題集が分からない場合は、講師からアドバイスします。そのほか、次のような利用方法も可能です。

 

1. 自習用教材の利用 

オメガのミニライブラリーには、おすすめの参考書や問題集を各種取り揃えてありますので、自由に利用することができます。また、タブレットを使って映像音声教材や学習漫画を見たり、インターネットで志望校や参考書・問題集の情報を収集することもできます。

 

2. 通信添削支援 

通信添削を利用している方は、自習時間に通信添削の課題をやることも可能です。分からないところは質問できますので、課題の提出までお手伝いします。

 

3. 読書の支援

読解力はあらゆる勉強の基本であり、読解力の育成にはやはり読書が欠かせません。オメガでは「100冊読書日記」を推奨しています。

 

4. 新聞教育(NIE: Newspaper in Education)の支援 

読売新聞がインターネットで提供している時事問題の学習用サイトなどを使った新聞教育(NIE)支援が可能です。

 

5. 低学年の小学生について

低学年の小学生のお子さんには、自習デスクでの長時間の勉強はまだ難しいかもしれませんが、学校の宿題を済ませたり、学習漫画などを活用するなど、講師が適宜サポートしていきます。


このほかに、自習室として使えるベーシックコースβ、夏期限定のモーニングプラスコースもあります。(コースの詳細はこちら


講師メンバー

主任講師は、月島などで個人指導塾を展開していた「個人指導シグマ」の講師経験者です。

この他に、スーパーコース(ハイレベル)担当の講師もおります。

受講人数に応じて、講師も随時増員してまいります。

根本講師(代表、理系主任)

「思考停止しない日本人になろう! 世界でたたかえるサムライ・ナデシコになろう!」

代表講師の略歴とご挨拶はこちら

伊東講師(顧問、文系主任)

「長年の経験を活かして、みなさんを全力でサポートします! 一緒に頑張ろう!」



目標の設定

入会時にご希望などをお聞きし、目標を設定した上で、学習スケジュールを決めます。 

目標の達成まで、講師と二人三脚で取り組んでいきます。 

目標を達成できたら、新たな目標を設定し、更なる向上を目指します。 

常に目標を意識し、その達成のために必要なアプローチを逆算して学習計画を立てていくプロジェクト方式をとっていきます。


コーチング

コーチングとは、近年注目されている人材開発の技法のひとつで、コミュニケーションを通じて本人の自発的な行動を促しモチベーションを高めていくものです。

ラグビー日本代表のチームでは、五郎丸選手をはじめとする多くの選手が、荒木香織さん(兵庫県立大学環境人間学部准教授)というメンタルコーチのサポートを受けて、大きな成果を収めたことはご存じと思います。

オメガの講師は、CTIジャパンのコーアクティブ・コーチングの基礎プログラムを順次受講していきます。(現在、根本講師が受講修了)

みなさんのチャレンジをコーチングの観点からも支えていきます。

出典:http://rugby.yamaha-motor.co.jp/
出典:http://rugby.yamaha-motor.co.jp/


勉強のコツ〔メンタル篇〕 ※〔基本篇〕はこちら

すぐにできる3種類のメンタルスキルがあります。

1. 深呼吸

リラクセーション効果があり、脳に酸素をたっぷり送れるので、脳が活性化して気持ちを切り替えることができます。鼻から大きくゆっくり息を吸い込んだら、意識を集中させて、口から細く長く、息を吸う時の倍以上の時間をかけて吐き出します。心が落ち着いて闘志がわいてくるのを感じるはずです。

2. イメージトレーニング

備えあれば憂いなし、想像上の「予行演習」をしておきましょう。過去問を解いた経験から、どの分野から、どんな問題が出題され、それをどのような時間配分で解いていくかなどをイメージしたり、試験当日にあわてないために試験会場への移動方法などを事前にイメージしておきましょう。

3. 音楽プログラム

勉強においても、NO MUSIC, NO LIFE と云えます。誰にでも「これを聴くと気持ちが切り替わる」という曲があるはずです。iPodに入れていつでも持ち歩きましょう。

スポーツジムのフリーウェイトのエリアでは、次のような曲が流れていることがよくあります。


さらに応用篇としては、パフォーマンス・ルーティーンというスキルがあります。ラグビー日本代表の五郎丸選手のお尻を突き出した拝みポーズ(写真上)でかなり有名になりました。ルーティーンとは、「こうすれば成功する、集中力がわく」という精神状態をつくるための動作手順のことです。たとえば、試験の前に鉛筆回しを3回やるとか、お守りを右手と左手で交互に握りしめるなどでもよいです。一流スポーツ選手では、五郎丸選手のほかには、イチロー選手や琴奨菊関、クリスティアーノ・ロナウド選手のルーティーンが有名です。

出典:http://www.hb-nippon.com/
出典:http://www.hb-nippon.com/
出典:http://jp.pinterest.com/
出典:http://jp.pinterest.com/
出典:http://soccermaniajr.ldblog.jp/
出典:http://soccermaniajr.ldblog.jp/

※参考文献:クリスチアーノ・ロナウドはなぜ5歩さがるのか(FromOne)


HACKS!

ハックとは近年使われ始めた言葉ですが、たとえば、「ライフハック」は「効率良く仕事をこなし、高い生産性を上げ、人生(ライフ)のクオリティを高めるための工夫」を意味します。オメガでは、少しでも効率良くかつ効果的に勉強していくための工夫(スタディハック)を取り入れています。(導入済のハックはこちら